クワクボリョウタ展─見ることを見る

Unknown

梅雨も明けたところで、宇都宮美術館で個展です。
第11回宇都宮エスペール賞というのを3年前にいただいており、今回はその関連展覧会となります。

「見ることを見る / Perceiving Perspective」という副題を付けました。
「風景と映像」「忘れ物取扱所」の二作品を展示します。

「風景と映像」は恵比寿映像祭に出品したものの再展示。
「忘れ物取扱所」は、2013年に六甲ミーツアートで展示した同タイトル作品と、2015年に川口市立アートギャラリーで展示した「以心分身」をマッシュアップした作品です。

もし、宇都宮を初めて訪れるのであれば、せっかくですので大谷資料館(a.k.a.映画「セーラー服と機関銃」のロケ地など。巨大地下空間=夏でも涼しいです)と餃子の香蘭(揚げも是非)を宇都宮出身者として個人的におすすめしておきます!

第11回宇都宮エスペール賞 クワクボリョウタ展─見ることを見る
会場:宇都宮美術館
会期:2016/07/31~09/04
*アーティストトークが8/21にあります
*8/6にOAの栃木放送の番組に出るようです。