混浴温泉世界

mixedbathingworld

別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」に参加します。
温泉の街別府市の各所でいろいろなイベントが催されますが、僕は「アートゲートクルーズ」というプログラムに出品しています。

松方正義の発案で明治4年に別府港が開かれて以来、別府は日本の近代化という時代と寄り添って、その姿を変えてきました。空襲を免れたことも幸いし、ここにはさまざまな時代の残り香が今もなおかすかに漂っています。大きな歴史ではない、無数の人々のささやかな想いが積層し、その上に今の別府が夢のように浮かんでいる…。そんな別府の奥深く、今は使われていない建物や入り組んだ路地裏、ひっそりと広がる地下室など、普段は立ち入ることのできない街の内奥で、アーティストたちが場所と対話し、それぞれのエピソードを紡ぎ出します。アートゲートクルーズは、そうしたエピソードを縫い合わせていく体験であり、町の記憶と出会いながら展開する、特殊な時空旅行となるでしょう。(公式サイトより転載 http://mixedbathingworld.com/project)

これは完全予約制のツアー形式で別府市街を散策しながら展示を見て回るもので、どこで展示されてるかは参加者だけが知る秘密になっています。秘密なので詳しくは言えないのですが、すごい場所で展示しています。普通の展覧会とは違ってそれぞれの作品は一度きりしか観られません。街中に温泉が遍在する不思議な土地、別府で一期一会の体験をお楽しみください。

混浴温泉世界

会場:別府市内各所
会期:2015/7/18~9/27

アートゲートクルーズ(予約について詳しくは公式サイトをご覧下さい)

開催日時:毎週月・木・金曜 18:00〜20:30毎週土・日曜および祝日 16:00〜18:30、18:00〜20:30
会場:別府市中心市街地 各所
参加アーティスト:枝 史織、大友良英、クワクボリョウタ、蓮沼執太

beppucat

#ネコもいっぱいいます

動きのカガク展 @21_21 DESIGN SIGHT

 

slide_MS01

21_21 DESIGN SIGHTで今週金曜日から始まる企画展『動きのカガク展』に参加します。ディレクターはクリエイティブディレクターの菱川勢一さんです。

「動き」といってもキネティック・アートだけではなく、人の営みの根源的な要素としての動き=モーションをテーマに据えて幅広い作品を集めた展覧会です。菱川さんのディレクターズ・メッセージに「未来のデザイナーやアーティストである子どもや学生たちに、まるで先輩たちの作品が置いてある図工室に遊びにきたような感覚で観てもらえればと思って企画しました」とあり、ほんとに楽しい展覧会になりそうです。僕はLOSTシリーズの新作「LOST#13」を展示します。

ここでLOSTシリーズとは何かと説明しますと、2010年に発表した「10番目の感傷(点・線・面)」という鉄道模型とLEDと日用雑貨を使った光と影のインスタレーションがあるのですが、それとは別の作品になります。
「10番目の感傷」というタイトルで展示する作品は常に同じ作品=同じ物による同じ構成です。一方「LOST」という作品はシリーズでありまして、展示のたびに新たな物と構成で作り、基本的に再展示しません。LOSTは#2(ナンバー2)から始まって通し番号を付けてます。今回は#13となります。なぜ#2からかというと「10番目の感傷」がLOST#1に相当するからという訳です。LOSTはLight / Objects / Space / Timeの作品体験の四要素の頭文字を取ったものをlost(迷った状態)に掛けたタイトルです。

LOSTシリーズも「10番目〜」もノスタルジーを意図した訳ではないのですが、なぜかそういう感情が生じてくる不思議があります。モーションとエモーションにはどんな関係があるのだろう?などと考えつつ。

*僕の作品は光を発さないカメラでの撮影可です

動きのカガク展

会場:21_21 DESIGN SIGHT
会期:2015/6/19~9/27
参加作家:アトリエオモヤ、生永麻衣+安住仁史、菅野 創+やんツー、岸 遼、クワクボリョウタ、佐藤雅彦+ユーフラテス、ジモウン、鈴木太朗、パンタグラフ、ニルズ・フェルカー、沼倉真理、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)、他

ミラノデザインウィーク

ImagineNewDays_01

イタリア、ミラノで毎年開催される国際見本市「ミラノサローネ」でアイシン精機の出展に参加します。

ミシンやトランスミッションなどアイシン精機のプロダクトをモチーフに、ロボットアームとLEDを使用した光と影のインスタレーション「invisivility」を展示します。

ロボットアーム・プログラミングを石橋素さん(Rhizomatiks)にお願いしました。

本作品の制作はIAMASと株式会社TRUNKの共同研究により実現したものです。

Imagine New Days(アイシン精機)
会場:Superstudio Più(トルトーナ、ミラノ)
会期:2015/4/14~4/19

invisibility_05invisibility_04invisibility_01Photo by Daisuke Ohki

日常事変

incident_RGB川口市立アートギャラリー・アトリアにて開催の展覧会「日常事変」に参加します。

今回は「以心分身 / para-existence」という新作の展示です。是非誰かと連れ立って体験しにきて下さい。でも一人でも大丈夫です。

日常事変

会場:川口市立アートギャラリー・アトリア
参加作家:川崎義博、中崎透、クワクボリョウタ
会期:2015/3/14~5/10
4/19に南嶌宏さんとのトークがあります。

単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?

top_poster21_21 DESIGN SIGHTの企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」にパーフェクトロンが参加します。

今回は(自分らとしては)かなりのハイテクを駆使した(でも結局は)アナログな作品です。

会場入って最初の展示で皆さまをお待ちしています!

単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?

会場:21_21 DESIGN SIGHT
会期:2015/2/20~5/31